2012年02月11日

永遠の僕たち

1月18日、永遠の僕たちを見た。


ガス・ヴァン・サント監督作品。

いつもの透明感ある映像、繊細な登場人物は期待通りでした。


でも、今回、難病というテーマもだけど、なんだか無難にまとまている感じ。
自己満足かな。

最近はこういう傾向??
けど、特にストーリーは期待していないのだけど・・・

そして、ヒロシは設定もだけど、不釣り合いすぎて残念な感じでした。


好きな監督の一人として、観てよかったけど、
なんというか、いろんな意味であまり心に残らなかったです。




http://www.eien-bokutachi.jp/





posted by rooo at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月18日

スマグラー おまえの未来を運べ

2011年11月に「スマグラー おまえの未来を運べ」を観た。


久しぶりに、石井克人。

キャストがなんだか、微妙・・・で、あまり気乗りはしなかったのだけど。。。

そんなテンション低い状態だったけど、観てびっくり!!

退屈な時間は全然なくて、あっとゆーまにラストでした。

感想は、

背骨さんの動きが凄すぎて笑える。
途中、とにかく痛い。観てられないほどではないんだけど、イタイ!!
つまぶきくんの顔が、、酷いことになるからファンが心配。
ジョーは強い。
そしてー、余計なお世話だけど、今後、高島兄はどこ行くの・・・

たまには、こうゆうのもいいかもね?


http://wwws.warnerbros.co.jp/smuggler/index.html
posted by rooo at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月25日

SOMEWHERE

ソフィアコッポラ最新作のSOMEWHEREを2週間ほど前に観ました。

今年に入ってからずっと観たかった映画です!

楽しみポイントは、、、
サントラとエルファニングの美少女ぶりと映像で

ストーリーは特に気にせずだったけど、悪くなかった☆
ちょっとしたところもすべて計算つくされてるなぁと関心しました。
セレブすぎる行動で笑いを誘うところも、全部。

でも、予想外だったのが、スティーブンドーフのイケメンぶり!!
かっこいいーーース
何も起きない展開でも目を離せなかったのはイケメンだったから??
こんな男の人いいなぁ、という願望がつまってるのです。

あ、やっぱ、デル・トロ一瞬出てたよ。

幸せって・・と考えられる良い映画でした。


http://somewhere-movie.jp/index.html
posted by rooo at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

FANTASTIC MR FOX

もたもたしてたら、近所の映画館で上映終了してしまったので、
久しぶりに銀座シネスイッチに行きました。

ウェス・アンダーソンのコマ撮りっ!
ってだけで、なんだかとってもワクワクしてしまう響きです☆

「すばらしき父さん狐」の映画化だそうですが、残念ながら原作知らない。

これから、こうゆう映画を観たいと思ってもなかなか巡り合わないと思います。
そういう意味もふくめて、とってもステキな作品でした!
相変わらず、美術が凝りすぎ。そんなところもスキです。

キツネですが、Mr.Foxがかっこいいー!
いや、もう、ジョージ・クルーニーだねっ

Mr.Fox人形があれば絶対に買うのに・・
どっかにないかしら。

とにかく、今後、「心温まる映画は?」と聞かれたら
FANTASTIC MR FOXと言おう。



http://mrfox.jp/
posted by rooo at 00:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ランナウェイズ

JEWの来日が延期になって、空いてしまった3月30日。

せっかく有給とったのでそのまま仕事はお休み。
でも、特にやることなく、
水曜は1000円で映画観れるので、とりあえず近所の映画館に行きました。

あんまり観たい映画がなくて、なんとなく、
かわいい女の子を観たい気がして、選んだのがランナウェイズ。

ランナウェイズはリアルタイムでないし、
ガールズバンドってことくらいしか知りません!

ダコタファニングは70年代の雰囲気が似合ってて可愛らしかったけど、
役柄的もあると思うけど、クリステンスチュワートはカワイイ感じじゃなかったな。

シェリーの堕落していく姿が、あたしが想像する70年代感を出してた。
今じゃありえないことが、なんでもありなとことか。
70年代を生きてみたかったなと思った映画でした。



http://www.runaways.jp/
posted by rooo at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

グリーン・ホーネット

毎月一日は映画の日!


ということで、なかなか足が向かなかった、
グリーン・ホーネットをついに観にいきました。

やっぱ、ミシェルゴンドリーは観とかないといけない使命感に駆られて。


もう、ほとんどの映画館で、公開終了間際です・・ぎりぎり観に行けた。ふー


アクションは積極的に観るほうではないので、どんな心構えをするべきか迷いました。

でも、これがなかなか、笑った。

あ、カトー、最強っカッコいい
ブラック・ビューティー最高!!
やっぱ、友情だよね


ミシェルゴンドリーの作る3Dの世界は、クレジットタイトルがカッコよかった☆



http://www.greenhornet.jp/
posted by rooo at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

2010年映画観賞の記録

あーー、昨年は映画の記録を怠ったです。

果たして何を観たか・・全部思い出せたかしら・・

とりあえず、細かな感想はさておき思い出せるだけ記録しておくのです。


■ Dr.パルナサスの鏡
http://www.parnassus.jp/index.html

■ ニューヨーク、アイラブユー
http://www.ny-love.jp/

■ アリス・イン・ワンダーランド
http://disney-studio.jp/disney/special/alice/

■ 告白
http://kokuhaku-shimasu.jp/index.html

■ BECK
http://www.beck-movie.jp/

■ ヤギと男と男と壁と
http://www.yagi-otoko.jp/index.html

■ 食べて、祈って、恋をして
http://bd-dvd.sonypictures.jp/eat-pray-love/site/

■ マザーウォーター
http://www.motherwater-movie.com/

■ Ricky
http://www.alcine-terran.com/ricky/

■ トロン:レガシー
http://www.disney.co.jp/tron/


たぶん、これで全部。
例年に比べると少ないほうですな。


さて、お待ちかね・・2010年、my bestシネマの発表〜



じゃじゃんっ


1、告白


やっぱ、松さんが記憶に残ったのです。
あと、映像効果がスキでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2、Dr.パルナサスの鏡


エンドロールの後、心の中で拍手喝采!
とにかく素晴らしかったです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3、ヤギと男と男と壁と


思い返すと、地味に面白かった。
豪華メンツ、ジョージが笑える。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


さて、こんな感じになりました。
今年も良い映画にめぐり合えますように★
posted by rooo at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

告白

家から徒歩で行ける映画館に初めていってきました〜
ソファにクッションが置いてあったり、広々豪華な映画館でした☆

23:15分の回も、思いったったら即行ける!計画性なくても問題ないのです!

今まで、INETがないと映画情報も少なくて、どんどん観たかった映画が終わっていきました。涙)

で、今回、何となく気になっていた、告白を観に。

感想は・・・
大変良かったのです。

あんまり知ってなかったのが良かったのかな、いや、映画がすばらしかったのだ!

だいたい一人で映画館に行くと、エンドロールが流れて電気が着くと、そっこうでスタスタ帰るけど、しばし、呆然としてしまいました。

ストーリーは、かなりシリアスなのだけど、映像マジックでした。
あれ、まんまと、魔法にかかったのか?

とにかく、松さんがね、怖すぎるのです。
あたしは是非、松さんに最優秀主演女優賞を贈りたいです。

あんまりエンターテイメントじゃないから、みなさま、一人で行ってみてくださいな。

でも、夜観るのはおすすめできないかも。寝れなくなる〜


posted by rooo at 02:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月06日

脳内ニューヨーク

シネ・リーブル博多駅で「脳内ニューヨーク」を観た。

マルコヴィッチの穴、エターナル・サンシャインの脚本家と言われれば、絶対に観たいっと思ってしまったけど・・ちょっとミーハーだったかも。。。

チャーリーカウフマン初監督作品です。

ハッピーではないと薄々思っていたけれど、予想以上に悲しいストーリーでした。
端々に可愛くて可笑しいポイントはあったけれど、見終わった後はなんだか寂しい気分になります。
フィリップ・シーモア・ホフマンは幸薄感を出しているあたりはよかったのかもしれないけれど、ただのおじさんにしか思えないし、全然カッコよくなーいっ。

ああ、なんか期待しすぎてたのかも。先入観持たずに観れればそれなりによい映画なのかもでした。



http://no-ny.asmik-ace.co.jp/index.html
posted by rooo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

プール

10月4日 小倉で映画、プールを観た。

映画を見る前に桜沢エリカ原作のマンガを読んでいて、映像になったところが簡単に想像できて、やっぱり思い描いたとおり。

もたいまさこがそのまんま。
小林聡美はセリフが少なくて、映画だけだと、あんまり伝わらないかな。でも、着ている服とギターを弾いている姿がステキ。

秋より、真夏が似合う映画でした★


posted by rooo at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。